Ewbmは、米国に拠点を置くTrustKey

としてセキュリティキー事業をスピンオフし、SoC会社eWBMは、パスワードレス認証の世界的な需要の高まりにより、FIDO認定キー事業をTrustKey Solutionsと呼ばれる独自の新しい事業体にスピンオフすると発表した。

TrustKeyは、世界初で唯一のFIDO2Level2認定バイオメトリクスセキュリティキーで構成される主力Gシリーズを含む多くのハードウェアセキュリティキーを提供しています。 USB-AおよびUSB-C両方構成で利用できる、それらは加えられた証明の保証のための指紋センサーが装備されていて来る。

TrustKeyは、Gシリーズのラインに加えて、同じプラットフォーム上に実装されているが、それらをより手頃な価格にし、ユーザーのプレゼンス検証を可能にする非

今年の初め、TrustKey(eWBM)は、MICROSOFT Azure Active DirectoryをサポートできるFIDO2/U2F準拠のG320USB-C生体認証セキュリティキーを発売しました。

Ewbm CEOのStephen Ohによって設立されたTrustKeyは、グローバルなidセキュリティ市場における同社の成長を監督しながら、消費者に高度なFIDO2セキュリティソリューシ

TrustKeyはFIDO Allianceの理事でもあり、世界中の人々のアイデンティティを保護することを目的としたパスワードのない未来の形成に貢献しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。