Erika Brown

Erika Brownはテネシー州のVolsに出場する競泳選手である。 彼女は非常に汎用性があり、ボランティアとしての彼女の時間の間にフリースタイル、蝶、IMイベントでエリートタイムを登録しています。

高校

彼女はプレザントンシーホークスでカリフォルニア州プレザントンで競技水泳を始めた。 家族がノースカロライナ州シャーロットに引っ越したとき、彼女はスイマック・カロライナとウィリアム・エイモス・ハフ・ハイスクール(William Amos Hough High School)と一緒に泳いだ。 ノースカロライナ州では、200フリーリレーと400フリーリレーで州選手権タイトルを獲得した。 また、2014年と2015年の全米水泳ジュニアナショナル選手権で200mフリーで銅メダルを獲得した。

大学水泳

エリカはVolとして最初の年にうまくいったが、彼女の専門の100または200フリースタイルで彼女の最高の時間には達しなかった。 彼女はSEC選手権で10位の50(22.33)、18位の100フリー(49.53)、17位の200フリー(1分46.49)を記録した。 また、4つのリレーのメンバーでもあり、いずれも7位以上にランクインしていた。

NCAAではリレーメンバーとしてテネシーに加入し、13位の400フリーリレーのメンバーとして初の佳作オールアメリカ賞を受賞した。

彼女の新入生キャンペーンの後、エリカはSwimSwamに、彼女が彼女の可能性を最大限に発揮し、本当にチームに貢献するためには、チームメイトに投資する必要があ このメンタリティの結果は、テネシー州のミッドシーズン招待で初めて世界に示され、50フリー、100フリー、200フリー、100バック、100フライ、200フライでベストタイムをノッチした。 特に、彼女は50に行きました。33試合に出場して100得点を記録し、NCAAをリードし、前シーズンのベストを5秒で破った。

2018年のSEC選手権では、50フリー(21.39)、100フリー(47.17)、100フライ(49.85)でエリカが個人種目を席巻したため、エリカの進歩の兆しが本当に明るみに出た。 100フライでの彼女の時間は、彼女の歴史の中で50秒の障壁を破るために彼女の唯一の2番目の女性を作りました。

ブラウンはまた、200メドレーリレー、200フリーリレー、400メドレーリレーの優勝に貢献し、20.81(フリー)、21.40(フリー)、49.11(フライ)のスコーチングスプリットでテネシー州を優勝させた。 唯一のミスは800フリーリレーで、ブラウンが1分43秒54でリードし、テネシーはNCAAプログラムのトップ10に次ぐ3位を獲得したジョージアとテキサスA&M.

2019秒チャンピオンでは、ブラウンは軌道を上向きに続け、個人種目の3つすべてを獲得した。 これには100フリー(46.41)、100フライ(49.85)、50フリー(21.15)が含まれ、NCAA記録を破った。

NCAAでは、ブラウンは50フリー(21.23)で2位、100フライ(50.38)で4位、100フリー(46.99)で5位にランクインした。 ブラウンは個人種目では優勝しなかったが、200メドレーリレーでは20秒98で全国リレーのタイトルを獲得した。 また、7位の400フリーリレー(47秒28)、6位の200フリーリレー(21秒35)にも出場した。

ブラウンは2019年11月のTennessee inviteで100free(46.16)、200free(1分41.66)、100fly(49.79)でベストタイムをマークし、シーズンを電気的にスタートさせた。

ブラウンは全米オープンでのショーの後、良い時間をローリングし続けた。 200メドレーリレー(20秒57、歴代3位)と800フリーリレー(1分41秒08、2位)の両方で優勝に貢献した。 2日目にはフリー50でSECチャンピオンとなり、21秒03のSEC記録を更新した。 次の夜、ブラウンはプールに戻り、100フライのアメリカ記録を49.38で破り、史上3番目の速さで彼女を置いた。 ブラウンは45秒83のフリータイムで100点をマークし、史上2人目の46秒台をマークした。 ブラウンのパフォーマンスは、テネシー女子がSECチーム史上初のタイトルを獲得するのに役立った。

ERIKA Brownは、SEC選手権でのパフォーマンスにより、NCAA Female of the Yearで2020Swammy賞を受賞した。

国内/国際大会

2018年ショートコース世界選手権(中国-杭州)

杭州では、ブラウンは米国のリレーの不可欠な部分であり、4×100フリーリレーと4×50メドレーリレーの水泳プレリムで金を獲得したほか、4×50(金)と4×200(銀)フリーリレーの決勝リレーにアンカーした。

2019年全米オープン(ジョージア州アトランタ)

ブラウンは全米オープン選手権で大活躍した。 これには、女子100フリーで53秒42を獲得し、ディフェンディングワールドとオリンピックチャンピオンのシモーネ-マヌエルを破ったことが含まれています。 大会に入ってくると、ブラウンのベストタイムはわずか54.13で、2018年全米選手権で行われた時間でした。

今回、ブラウンはイベント史上8番目に最速のアメリカ人となり、当時4番目に最速の現役アメリカ人となった(正式に引退していないスイマーが2010年代に行った回数に基づく)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。