カリフォルニア州のDramショップ法があなたの人身傷害事件にどのように影響するか

カリフォルニア州の

dramショップ法は、アルコールの影響を受けている人によって誰かが負傷したときに作用します。 いくつかのケースでは、人のアルコールを務めた個人やビジネスは、彼が影響下にある間に生じた損害について責任を負うことができます。 あなたはアルコールの影響下にあった誰かによって負傷されている場合は、カリフォルニア州のdramショップの法律は、あなたの個人的な傷害事件に

カリフォルニア州のDramショップ法
後に他の人を傷つけた人にアルコールを提供する企業は、カリフォルニア州のほとんどの人身傷害事件で責任を負 それは、dramショップの法律は、障害のある個人がアルコールを提供されたときに明らかに酔っていた未成年者である場合にのみ、これらの当事者に責任

例えば、酔っ払った17歳があなたの車に衝突したとしましょう。 彼女は明らかに酔っていたので、バーがマイナーなアルコールを提供して停止している必要があることを証明することができる場合は、酔ってドライバーと ただし、運転手が17歳ではなく45歳であった場合、バーは責任を負うことはできません。

社会的責任
酔っ払った人がバーやレストランの代わりに私邸でアルコールを提供された場合はどうなりますか? 社会的なホスト、または私邸で個々のアルコールを提供した人は、ほとんどの場合、責任を負うことはできません。 しかし、このルールには1つの例外があります。 故意にマイナーなアルコールを提供しています社会的なホストは、彼または彼女の中毒の結果として、任意の傷害マイナーな原因の責任を負うことがで

上の例をもう一度考えてみましょう。 友人の親が事故の前に17歳のアルコールを務めた場合、親は運転手が未成年者であることを知っているはずなので責任を負うことができます。 未成年者が明らかに酔っていたかどうかは問題ではありません-重要なのは、社会的なホストが彼または彼女が未成年者にアルコールを提供していた

酔っ払った人に怪我をされたことはありますか? その場合、突進の傷害の法律で個人的な傷害の代理人ジェームズの突進に今日連絡しなさい。 ジェームズの突進は積極的にあなたの傷害のために責任がある党すべてからの補償を追求する。 415-897-4801を呼び出すか、当社のウェブサイト上のオンラインフォームに記入して、私たちのオフィスwww.rushinjurylaw.com 無料相談を依頼する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。